スポーツ刈り長めの頼み方は?美容師さんに伝える方法とカットのコツ!

※本ページはプロモーション広告が含まれています

この記事「スポーツ刈り長めの頼み方は?美容師さんに伝える方法とカットのコツ!」では、スポーツ刈りの髪型を長めにキープしたい方向けに、その頼み方と美容師さんに伝えるための具体的な方法を紹介しています。

スポーツ刈りは、スポーツ選手に人気のある髪型で、その機能性とスタイリッシュさから多くの人々に愛されています。

しかし、一般的なスポーツ刈りは短めであるため、長めにしたいと思ってもどのように頼めば良いのか迷う方も多いでしょう。

そこで、この記事では「スポーツ刈り 長め 頼み方」について詳しく解説し、美容師さんに理想の髪型を上手く伝えるためのコツを提供しています。

スポーツ刈り 長めの頼み方とは?

スポーツ刈りとは、一般的に男性の短髪スタイルを指す言葉です。

しかし、そのスタイルは多種多様で、その中でも「長めのスポーツ刈り」は特に人気があります。

では、具体的に「スポーツ刈り 長めの頼み方」とはどのようなものなのでしょうか。この記事では、その方法を詳しく解説します。

  1. スポーツ刈りの長めのスタイルの特徴とその見た目
  2. 長めのスポーツ刈りを頼む際の具体的な表現方法
  3. 長めのスポーツ刈りが適している人物やシチュエーション
  4. 長めのスポーツ刈りを維持するためのケア方法

スポーツ刈りの基本的な特徴

 

スポーツ刈りの基本的な特徴とその多様性

スポーツ刈りは、その名の通りスポーツ選手が好んで選ぶ髪型として知られています。

その理由は、短く刈り上げられた髪が運動中の邪魔にならず、また汗をかいてもすぐに乾くという利点があるからです。

しかし、スポーツ刈りの特徴はそれだけではありません。

スポーツ刈りは、頭の形を美しく見せる効果もあります。

そのため、ファッションとしても選ばれることが多いのです。

具体的には、スポーツ刈りの短めの長さはトップが1㎝以上4㎝以下、サイドと襟足が5㎜以下となります。

一方、スポーツ刈り長めの長さはトップが4㎝以上、サイドと襟足が10㎜以下となります。

これらの数値は一般的な目安であり、個々の好みや顔の形によって調整することが可能です。

また、スポーツ刈りはそのスタイルの多様性も大きな特徴と言えます。

例えば、ソフトモヒカン+スポーツ刈りやGIカット+スポーツ刈りなど、様々なバリエーションが存在します。

これらのスタイルは、スポーツ刈りの基本的な形状をベースに、さまざまなアレンジを加えることで生まれます。

これにより、自分だけのオリジナルなスタイルを作り出すことが可能となります。

以上のように、スポーツ刈りはその機能性と美しさ、そして多様性から多くの人々に選ばれている髪型です。

自分の好みやライフスタイルに合わせて、スポーツ刈りを活用してみてはいかがでしょうか。

スポーツ刈り どんな感じ?- 髪型のバリエーション

スポーツ刈りと一言で言っても、そのバリエーションは豊富です。

一般的には、頭頂部の髪を少し長めに残し、サイドと後頭部の髪を短く刈り上げるスタイルが多いです。

しかし、その長さは人それぞれで、自分の顔の形や好みに合わせて調整することが可能です。

また、前髪を残すか、全て刈り上げるかも自由です。

具体的には、以下のようなバリエーションがあります。

  1. ソフトモヒカン+スポーツ刈り: スポーツ刈りにスタイリングでひと手間加えれば、ソフトモヒカンになります。頭のハチ部分から頭のセンターに向かって毛を集めていくスタイルで、ハチ部分がつぶされて見た目がお洒落になります。
  2. GIカット+スポーツ刈り: レンジャーカットは、ジャーヘッドともいい、頭に鍋蓋を乗せたような髪型で、米兵や自衛隊員が良くしています。また、ストリート系の男子にも人気のスポーツ刈りです。トップは均一に黒色なのに対し、サイドはガッツリハチ部分まで、刈り上げます。
  3. スポーツ刈り+ツーブロック: スポーツ刈りでツーブロックにするのは空前の人気を博しています。男前な印象で、ビジネスでもOKです。
  4. スポーツ刈り+パーマ: スポーツ刈りでもっとおしゃれを楽しみたいなら、パーマをかけましょう。スポーツ刈りのトップの毛は短いですから、ロッドを使ったパーマより指でまくピンパーマが良いでしょう。

そのため、「スポーツ刈り どんな感じ?」と聞かれると、一概には答えられません。

それぞれの人が自分だけのスポーツ刈りを見つけることが大切です。

スポーツ刈りの頼み方 – ポイントと注意点

スポーツ刈りを理容師や美容師に頼む際には、自分の希望を具体的に伝えることが重要です。

例えば、「スポーツ刈りで、トップは4cm、サイドと襟足は1cmにしてください」と具体的な長さを伝えると、理想的なスタイルに近づきます。

、「前髪は少し長めに残してください」といった具体的な要望も伝えましょう。

しかし、一方で、あまりにも細かい指示は避け、プロの意見も聞くことが大切です。

なぜなら、スポーツ刈りといっても種類が豊富で、理容師によって結構仕上がりが変わるからです。

また、スポーツ刈りはツンツンした毛先が特徴ですが、硬い髪質ならいいですが軟毛だと毛先が寝てしまい、これも仕上がりが変わります。

軟毛のメンズはさらに短くしないとツンツンしたイメージは出ないでしょう。

したがって、必ずしたいスポーツ刈りの写真を理容師さんに見せましょう。

そして、「頭のハチは自然に丸くしてください」と頼むことで、頭のハチが直角に出っ張ってしまうことを避けることができます。

もし、長いスポーツ刈りにしたいなら、スタイリング剤を全体に付けたときに、ハチ部分には多目につけて、毛をねかせましょう。

スポーツ刈りを頼む際の具体的な例としては、「スポーツ刈りで短いので。刈り上げ9ミリで前髪も短く。」という表現があります。

スポーツ刈りは、頭の角を残しなめらかにつなげるように刈り、前髪を少し長めにする髪型ですが、最近では、スポーツ選手でよくあるソフトモヒカンがスポーツ刈りと一緒にしている方がいるので、短めであることを伝えます。

スポーツ刈り 6mmと9mmの違い

スポーツ刈りにおける「6mm」と「9mm」は、髪の長さを示す単位で、それぞれ「3分刈り」と「5分刈り」を指します。

この数値が大きいほど、髪の長さは長くなります。

したがって、スポーツ刈りを頼む際には、この数値を理解しておくとスムーズに注文できます。

しかし、この数値は一概には定められていない部分もあります。

例えば、バリカンや店によって微妙に違うこともありますし、地域によっては、バリカンに取り付けるスペーサーの枚数で「1枚?2枚?」などと聞かれることもあるようです。

そのため、自分の理想とする髪型を具体的に伝えることが重要となります。

また、スポーツ刈りの長さについては、短めの場合と長めの場合で基準が異なります。

短めのスポーツ刈りでは、トップは1cm以上4cm以下、サイドと襟足は5mm以下が一般的です。

一方、長めのスポーツ刈りでは、トップは4cm以上、サイドと襟足は10mm以下となります。

これらの情報を踏まえて、自分の好みやライフスタイルに合わせたスポーツ刈りを選ぶことができます。

以下の見出しの内容を強化してください。

1000円カットでのスポーツ刈り 長めの頼み方

1000円カットでもスポーツ刈りは十分に可能です。

ただし、店舗によっては技術力に差があるため、事前に確認しておくことをおすすめします。

また、1000円カットの場合、時間が限られていることが多いので、事前にどのようなスタイルにしたいのかを明確にしておくと良いでしょう。

具体的には、「スポーツ刈りで、トップは4cm、サイドと襟足は1cmにしてください」と具体的に伝えると、理想的なスタイルに仕上げてもらえます。

また、スポーツ刈りの長めの長さは、トップが4cm以上、サイドと襟足が10mm以下となります。

サイドは地肌が見えないくらいのベリーショートで、トップはかなり長めなので、長めのベリーショートスタイルが楽しめます。

しかし、スポーツ刈りといっても種類が豊富で、理容師によって結構仕上がりが変わるからです。

したがって、必ずしたいスポーツ刈りの写真を理容師さんに見せることをおすすめします。

これにより、理容師さんがあなたの求めるスタイルをより具体的に理解し、それに近いスタイルを提供できます。

また、スポーツ刈りはツンツンした毛先が特徴ですが、硬い髪質ならいいですが軟毛だと毛先が寝てしまい、これも仕上がりが変わります。

軟毛のメンズはさらに短くしないとツンツンしたイメージは出ないでしょう。

以上のことを踏まえて、1000円カットでのスポーツ刈りを頼む際には、自分の髪質や好みのスタイルを明確に伝え、必要であれば参考にしたい写真を持参することをおすすめします。

スポーツ刈り 長めのスタイルとその頼み方

スポーツ刈りの中でも、「長めのスポーツ刈り」は特に人気があります。

その理由と、長めのスポーツ刈りのスタイル、そしてその頼み方について詳しく見ていきましょう。

長めのスポーツ刈り 大人のスタイル

「長めのスポーツ刈り」は、大人の男性に特に人気のスタイルです。

その理由は、長めに残した髪が大人の落ち着きと品格を演出するからです。

具体的には、トップの髪を4cm以上、サイドと襟足の髪を10mm以下にすることで、大人のスポーツ刈りのスタイルが完成します。

このスタイルは、ビジネスシーンでもカジュアルシーンでも活躍する万能型です。

スポーツ刈りの長めの髪型を求める際、美容師さんに的確に伝えることが重要です。

適切な伝え方とカットのコツを理解することで、理想のスタイルを実現することができます。

スポーツ刈り長めの頼み方は?美容師さんに伝える方法。

スポーツ刈りの長めの髪型を美容師さんに伝える際は、以下の方法やポイントを考慮して伝えることができます。

スポーツ刈り 社会人のスタイルとその頼み方

社会人としてのスポーツ刈りは、清潔感と品格を両立させるスタイルが求められます。

そのため、髪の長さは適度に保ちつつ、整った形状を保つことが大切です。

具体的には、「スポーツ刈りで、トップは5cm、サイドと襟足は1cmにしてください」と指定すると良いでしょう。

また、前髪は少し長めに残し、自然な流れを作ると、より社会人らしい印象になります。

一方で、スポーツ刈りと一言で言っても、理美容師さんがイメージする形はさまざまです。

したがって、理美容師さんに対して自分の希望を具体的に伝えることが重要です。

例えば、「スポーツ刈りで、トップは5cm、サイドと襟足は1cmにしてください」と具体的な長さを伝えると、理想的なスタイルに近づきます。

また、「前髪は少し長めに残してください」といった具体的な要望も伝えましょう。

ただし、あまりにも細かい指示は避け、プロの意見も聞くことが大切です。

また、ビジネスの場でもOKなスポーツ刈りは、少し落ち着いたおしゃれ感も必要だと考えられます。

そのため、クルーカットなどが良い選択肢となります。クルーカットは40代50代60代でもかっこよくきまります。

そして、成人している方は、ヘアケアも考えるのをお勧めします。

正しいシャンプーを身に着けることが薄毛にならない第一歩です。

スポーツ刈り 前髪残しのスタイルとその頼み方

スポーツ刈りで前髪を残すスタイルは、その個性的な表現力から多くの人々に選ばれています。

前髪を残すことで、顔の形をうまくカバーしたり、表情を豊かに見せることが可能となります。

特に、スポーツ刈りの中でも「ソフトモヒカン」スタイルは、頭のハチ部分から頭のセンターに向かって毛を集めていくスタイルで、ハチ部分がつぶされて見た目がお洒落になります。

このスタイルを頼む際には、「スポーツ刈りで、前髪は長めに残して、ソフトモヒカンのスタイルにしてください」と具体的に伝えると、自分だけのオリジナルスタイルを楽しむことができます。

また、スタイリング次第でさまざまな表情を作り出すことが可能なので、自分の好みに合わせてスタイリング剤を活用することをおすすめします。

スポーツ刈り なんて言う?- 頼み方の具体例

スポーツ刈りの頼み方は、自分の希望を具体的に伝えることが大切です。

例えば、「スポーツ刈りで、トップは5cm、サイドと襟足は1cmにしてください」と具体的な長さを伝えると、理想的なスタイルに近づきます。

また、「前髪は少し長めに残してください」といった具体的な要望も伝えましょう。

ただし、あまりにも細かい指示は避け、プロの意見も聞くことが大切です。

スポーツ刈りといっても種類が豊富で、理容師によって結構仕上がりが変わるからです。

また、スポーツ刈りはツンツンした毛先が特徴ですが、硬い髪質ならいいですが軟毛だと毛先が寝てしまい、これも仕上がりが変わります。

軟毛のメンズはさらに短くしないとツンツンしたイメージは出ないでしょう。

そのため、必ずしたいスポーツ刈りの写真を理容師さんに見せましょう。

また、スポーツ刈りと頼んで、角刈りにならないようにするには、「頭のハチは自然に丸くしてください」と頼みましょう。

日本人は頭のハチが出っ張っている骨格をしているメンズが多いので、ミリ数だけ気にして切ると頭のハチが直角に出っ張ってしまう場合が多いのです。

もし、長いスポーツ刈りにしたいなら、スタイリング剤を全体に付けたときに、ハチ部分には多目につけて、毛をねかせましょう。

スポーツ刈り 長めのスタイルを楽しむためのスタイリング

スポーツ刈りの長めのスタイルを楽しむためのスタイリングは、適切なヘアケアとスタイリング剤の使用が鍵となります。

特に、長めのスポーツ刈りでは、スタイリング剤を全体に均一に付けることが重要で、特に頭のハチ部分には多目につけて、髪の毛をねかせると良い結果が得られます。

また、定期的に美容院や理容院でカットをすることで、スタイルを保つことが可能です。

スポーツ刈りは、その手軽さと自由度の高さから、多くの人に選ばれる髪型です。

そのため、自分の好みに合わせてスタイリングを楽しむことが大切です。

スポーツ刈り 長めの頼み方 – 最後のアドバイス

最後に、スポーツ刈り 長めの頼み方についてのアドバイスをいくつかお伝えします。

まず、自分の顔の形や好みに合わせてスタイルを選ぶことが大切です。

また、理容師や美容師の意見も参考にすると、より良いスタイルを見つけることができます。

そして、スポーツ刈りは定期的なメンテナンスが必要です。

そのため、定期的に美容院や理容院を訪れることをおすすめします。

以上のことを心がけて、自分だけのスポーツ刈りを楽しんでください。

スポーツ刈り 長めの頼み方 :総括

  1. スポーツ刈りは活動的なライフスタイルに適している
  2. 長めのスポーツ刈りは、短すぎずに自然な感じを出すことができる
  3. 頼む際は、希望の長さやスタイルを具体的に伝えることが重要
  4. バーバーや美容師に対して、自分のライフスタイルや好みを説明する
  5. 写真や画像を使用して、理想のスタイルを示すことが有効
  6. 頭の形や髪質を考慮してスタイルを選ぶことが推奨される
  7. 長めのスポーツ刈りはメンテナンスが比較的容易
  8. ヘアスタイリング製品を使用して、スタイルを保つことが可能
  9. 定期的なトリミングが、スタイルを維持するために必要
  10. 自分自身でスタイリングする方法を美容師に尋ねることが有益
  11. スポーツ刈りは男性だけでなく、女性にも適しているスタイル
  12. 長めのスポーツ刈りは、カジュアルからフォーマルな場面まで幅広く対応可能
おすすめの記事